海外採用も難なくクリア。グローバル展開の支えとなる存在 【キャディ株式会社導入事例】 | HireRoo

海外採用も難なくクリア。グローバル展開の支えとなる存在 【キャディ株式会社導入事例】

2021年入社のエンジニアリングマネージャー。前職はデジタルマーケティング事業を手掛ける株式会社オプトのCTO、執行役員を兼任。

キャディ株式会社 ロゴ

キャディ株式会社

2017年創業。「モノづくり産業のポテンシャルを解放する」をミッションに、製造業の受発注プラットフォーム『CADDi』の開発・運営をおこなう。CADDiは、独自開発の原価計算アルゴリズムに則った自動見積もりシステムにより、産業機械装置メーカーやプラントメーカーなどの発注者と品質・納期・価格が最も適合する加工会社を選定し最適なサプライチェーンを構築し納品まで責任を負います。従業員は現在208名(2021年12月末時点、正社員のみ)で、そのうちエンジニアは50名ほど。

業種

インターネット関連

エンジニア組織規模

50~100人

課題
  • グローバルな組織拡大に伴い海外人材の採用を始めたが、予想以上の応募があった
  • 海外の候補者は経歴やコミュニケーションだけで技術力を判断するのは困難だった
期待
  • 技術力のある海外人材の採用
結果
  • テスト結果により候補者の技術力が担保でき、選考の質が向上
  • 優秀な海外人材の採用により組織拡大に貢献

グローバルカンパニーへの第一歩として始めた海外採用

我々が海外採用を始めたのは、端的に言うと「自社のソフトウェアエンジニア採用の可能性を広げるため」です。

弊社はグローバルカンパニーを目指しており、事業や組織をどんどんスケールさせたいという思いが強い会社です。そうなると、日本国内だけの採用市場で戦っていくのは限界があります。日本はソフトウェアエンジニアの数が決して多くないですから。

以前から海外採用の話は出ていたのですが、最近になってエンジニアリングマネージャー人材が入社したことで開発マネジメント体制ができた。そこから少しずつ検討を始め、実際に海外採用を本格化させたのは2021年の秋頃でした。

海外採用と国内採用ともに活用しやすい “活きの良い”ツール

エンジニアリングマネージャーの平岩氏
HireRooは海外採用を始める前から導入しています。じつは、ツールを知ったきっかけはGoogle検索なんですよね。グローバル化を見据えて国内、海外両方で活用できるコーディングテストツールを探していたところ「活きの良さそうなものがあるな」と(笑)。

前職で別のツールを使っていたこともあったのですが、料金がけっこう高くて。まだ社内においてコーディングテストの必要性が浸透していなかったので、あまり高額だと受け入れてもらえない。その面でHireRooは「一度試してみよう」と言いやすい価格帯でしたね。

海外採用を中心に考えると海外のツールも選択肢に上がりますが、やはり日本語対応がないとそう簡単にはいきません。一方で日本専用のツールを海外採用に使うのもなかなか厳しい。そんな両極端のなかで、日本語ツールながら英語対応もしているHireRooは良いポジショニングをしているように思えますね。

予想以上の応募数にも対応可能。問題作成と評価はこれまで通りでスムーズに

HireRooのコーディングテストは、海外採用ではほぼ必ず実施しています。最初の技術面接の前に初期選考として実施することが多いですね。

というのも、海外採用を始めるにあたって英語圏で募集をかけたらかなりの数の応募が来まして。とてもじゃないけど全員は面接できない。それに、面接だけで候補者の技術力を測るのは難しく、海外の方はご経歴やコミュニケーションだけでは判断しづらい部分もあります。

そこでテストを実施することによって、ある程度の技術力を持った人材を見極められ、面接人数を絞れるようになりました。直近までのテスト実施は40~50名くらいだったと思うので、その分の面接負荷を考えると、かなりのコスト削減になっています。

問題選びや評価は国内採用での使い方とそこまで変わりません。問題文の英語切り替えはボタンを押して選択するだけ。評価も海外、国内ともに自動採点機能も活用して実施しています。

「日本語」と「English」の切り替えだけで自動で変更
「日本語」と「English」の切り替えだけで自動で変更

「日本語」と「English」の切り替えだけで自動で変更


私は英語があまりできませんが、コーディングテストの評価ならできます。プログラミング言語には英語も日本語もありませんし、見たいポイントもあまり変わらないので。

そういえば最初の頃、何度かテスト中にインターネット回線が切れてしまうというトラブルはありました。当初は再受験のために問題発行を1からおこなうので時間と手間がかかっていたのですが、最近ボタン一つで再受験できる機能がリリースされていました。オンラインツールとして、さらに隙のないものになってきているんじゃないでしょうか。

技術力の担保で、グローバルな組織拡大に貢献

弊社のエンジニア数は現在50名を超え、1年間で2倍以上に増えています。グローバルな組織拡大を目指す我々にとってHireRooはその足掛かりとなりました。

導入によって、客観的な評価で候補者のレベル感を担保できているという安心感は大きいです。実際に採用したなかには、国内チャネルだけでは出会えないような優秀な方もいます。確実に選考の質が上がっていますね。

もちろん今後も使い続ける予定ですし、海外採用を検討する他の企業さんにもぜひオススメしたいです。国内のツールだったらHireRooがいちばん良いんじゃないかと、個人的には思いますね。

キャディ株式会社が感じた導入利点まとめ

  • 海外人材の技術力を客観的に判断できる
  • 初期選考としてのコーディングテスト実施により、面接からの選考負荷が軽減
  • 問題文の英語対応は自動のため、問題選定・評価は国内採用と変わらない方法でスムーズな選考が可能
  • 限られた人員のなかで採用強化と本業の両立が可能に
  • 海外人材の確かな技術力を得られたことで、会社のグローバル化に寄与

ご相談・お問い合わせ

即日トライアル可能です。お気軽にご連絡ください。
logo

HireRooはエンジニア採用におけるミスマッチを削減する、オンライン完結型のコーディング試験サービスです

© Copyright 2022 Hireroo, inc All rights reserved.