エンジニア採用のミスマッチを防ぐコーディング試験サービス
『HireRoo(ハイヤールー)』
誰でも簡単にコーディング試験を導入できるオンライン完結の技術リファレンスチェックサービス
services

エンジニア採用時にこんなお悩みありませんか?

履歴書やGithubだけで判断して入社後のパフォーマンスが期待してたものと違った

issue

コーディング試験の導入を検討したのだけど、導入コストが高すぎて断念した

面接時の技術チェックが属人化していて担当者によって観点にばらつきがある

ハイヤールー

HireRooのソリューション

技術ミスマッチ削減
候補者のソースコードを自動採点し、レポーティング
提出されたソースコードは自動採点され、スコア順にレポーティングされます。 また候補者のGithubアカウント連携により、得意技術や興味分野をレジュメとして提供します。採点結果と合わせて評価が可能です。
提出されたソースコードを定性評価
自動採点結果以外にも定性評価を残すことができます。 その際、候補者のコーディングの過程を見ることができる機能を提供しており、アウトプットからだけでは分からないような情報を元に評価できます。
導入/運用コスト削減
問題作成不要で即日選考フローに組み込める
用意された豊富な問題の中から選考を作成し候補者にリンクを共有するだけで、コーディング試験を開始できます。問題作成や環境用意といった煩雑な準備は不要です。
Slack連携でイベントを逐次チェック
候補者の選考承諾や課題提出に加え、担当者のレビュー完了時などのイベントをSlackに通知します。これにより、選考期限やレビューなどの見落としを防ぎ、担当者どうしのコミュニケーションコストを削減できます。

今後追加予定の機能

TL(テックリード) /
EM(エンジニアリングマネージャー)
採用向け機能

いくつかの間違いの含まれたコードを見て、適切にコードレビューができるかという観点で評価可能な課題を出題できるようになる予定です。

AI問題追加

AIエンジニア採用時に利用できる問題を追加予定です。その後もインフラ、セキュリティなど順次問題は追加していきます。

ご利用までの流れ

STEP
1

お問い合わせ

フォームからご連絡ください。担当者よりご連絡いたします。

STEP
2

キックオフMTG

お客様の採用フロー等をヒアリングさせて頂いた上で、HireRooの効果的な使い方をご提案させていただきます。またご利用開始前までにプロダクトの使い方のご質問はもちろん、採用フローの改善の支援をさせて頂きます。

STEP
3

ご利用開始

ご利用以降に出てたご要望があれば、そのご意見を元にプロダクトのアップデートを行っていきます。また逐次採用プロセスの見直しなどがあればご支援させていただきます。

FAQ

Q

利用料はいくらかかりますか?

A

サービス利用料は現在β版プランをご用意しております。初回お打ち合わせ時に御社の利用状況などを元にお見積りさせていだきます。
また、本リリース時に正式な料金プランを別途お見積りさせていただき、契約継続の場合は正式プランにてご契約とさせていただきます。

Q

選考で利用できる言語はどのくらいありますか?

A

現在利用できる言語は11種類(2021/05/03 現在)で、ご要望に応じて順次追加予定です。

Q

選考に利用できる問題はどのくらいありますか?

A

β版ご利用開始前に要望をヒアリングさせていただき最適な問題を弊社で追加させて頂きます。問題追加に関しては現在β版ご利用企業様のご要望ベースで問題を追加しておりますため、問題数は約20問ほどです。(2021/05/03 現在)

まずはお気軽にご相談から

Googleアカウントをお持ちの方はすぐに運用できます。

個人情報取り扱い及びプライバシーポリシーに同意した上で送信する

logo

HireRooはコーディング試験導入のハードルを下げ、誰でも簡単に導入できるオンライン完結の技術リファレンスチェックサービスです。

© Copyright 2021 Hireroo, inc All rights reserved.